脚本・演出・作曲家の大久保慶が中心となり、2003年9月創立。

誰かと向き合った時、想いが生まれ、それを伝え合うことでまた新たな想いが生まれる。

そしてその想いは、また違う誰かへと・・・。

そんな“想いの繋がり”を繊細に描く作品づくりを目指し、劇団名を「Birth」と命名。

“家族”“友情”“命”といった様々なテーマをもとに、

ストレートプレイからミュージカルまで、幾多ものオリジナル作品を創作・発表。

主に東京都内の劇場で上演・再演を繰り返し、現在に至る。

また近年では、学校公演などの文化交流にも積極的に取り組む他、ワークショップの定期開催など、役者の育成にも力を注いでいる。

同時に、他団体への楽曲提供・出演・振付け・ダンス講師等、活動の場は多岐にわたる。

 

2003年

9月

劇団Birth創立。芝居・舞台の持つ限りない可能性を求め、様々な舞台で活躍してきた役者数名が集まり、劇団を結成。主宰・脚本・演出・作曲家の大久保慶が主宰となり、活動を開始。

11月

旗揚げ公演として『CLOVER』上演。(王子小劇場・全6ステージ・ダブルキャスト)出演は、柏木実役/摩尼貴法・三浦宏一、川田優一役/船原孝路・筑紫吉幸、横山加代役/山形照美・瀬川夏未、プー役/塩見淳史・菊地武士、ハナ役/色摩由維・八幡麻希子、八木智史役/岩瀬聖孝・尾花宏行、野本ゆかり役/木村美穂・会川彩子、五十嵐正治役/寿々木智之・いとう信彦、五十嵐文子役/新藤幸子・狩俣咲子。オリジナルソング『CLOVER』をレコーディング(歌:狩俣咲子)。作品のテーマ曲として使用。

2004年

8月

第2回本公演として、『風咲き花』上演。(王子小劇場・全8ステージ・ダブルキャスト)沖縄を舞台に「家族」「命」をテーマとして描いた、劇団の代表作。出演は、早川百合役/山形照美・狩俣咲子、宮城一徳役/三浦宏一・北川伸太郎、宮城良江役/武藤育子・竹内理恵、宮城大介役/秋葉大介・大野敏之、宮城里子役/瀬川夏未・色摩由維、真壁耕太役/赤座浩彦・塩見淳史、真壁多枝役/久我千代・三浦友美、東風平晴男役/寿々木智之・鈴森勘司、渡久地学役/川辺祐児・菊地武士。

ホームレス達の人生を描いた『橋下の唄』上演にあたり、「特定非営利活動法人 自立生活サポートセンター・もやい」を訪問。施設内にある交流サロン「サロン・ド・カフェ こもれび」で、生活困窮者の方々から、実状など、様々な貴重なお話を伺いました。

第3回本公演として、『橋下の唄』上演。(中目黒ウッディシアター・全8ステージ・ダブルキャスト)出演は、佐々木昇役/大野敏之・菅野良和、ゲン(根岸弘明)役/塩見淳史・北川伸太郎、飯田真弓役/竹内理恵・色摩由維、君塚国男役/野田政虎・いとう信彦、君塚敏子役/山形照美・狩俣咲子、ヤス(安藤薫)役/尾花宏行・三浦宏一。

第4回本公演として、『冬の陽だまり』上演。とある施設を舞台に、「心」をテーマとして描いた作品。(王子小劇場・全6ステージ・ダブルキャスト)出演は、水島琴役/狩俣咲子・山形照美、遠藤千鶴役/竹内理恵・渡辺さやか、先生役/三浦宏一・いとう信彦、ジョン役/塩見淳史・新藤幸子、古城綾女役/水崎蘭・三浦友美、パッチョ役/鈴木恵理・瀬川夏未、男役/野田政虎。

音楽好きの役者とミュージシャン達によるコラボ企画ライヴ『ば〜すful♪ 〜ぼくらのとっておき〜』、大塚ウェルカムバックにて開催。 塩見淳史が書き下ろしたコントや、北川伸太郎・三浦宏一による漫才、山形照美が得意のギターを演奏するなど、舞台とはまた違った一面を披露。劇団Birthのオリジナルテーマソング『BIRTH』発表&CD発売。カップリングで『CLOVER』も再収録(歌:狩俣咲子、コーラス:山形照美・新藤幸子)。

第5回本公演として、『いつかの君と』上演。いとう信彦 脚本・演出。大久保慶以外のメンバーが脚本・演出を担当する、初の試み。家族の絆・友情・夫婦愛を描いた、心温まる作品。(中目黒ウッディシアター・全5ステージ)出演は、相沢進一役/大久保慶、相沢早苗役/色摩由維、柳瀬幸広役/三浦宏一、柳瀬和代役/山形照美、相沢遙役/竹内理恵、柳瀬和幸役/塩見淳史、杉野隆一役/北川伸太郎、高山かおり役/狩俣咲子。

Copyright 2009 Birth. All rights reserved.

2005年

8月

9月

2006年

1月

5月

9月

12月

下宿を舞台とした『いたいのいたいのトンデゆけ!』上演にあたり、都内の下宿『暁秀館』を訪問。

下宿を始めたきっかけや、そこでの生活、下宿されていた学生さんたちとの思い出など、貴重なお話をたくさん伺いました。

2007年

4月

第6回本公演として、『いたいのいたいのトンデゆけ!vol.1 〜下宿のぞみ ここにあり!〜』上演。

昔懐かしい下宿を舞台に、おかしな住人たちが繰り広げる“あったか人情コメディー”。劇団初のシリーズ作品。(シアター風姿花伝・全5ステージ)出演は、木山園子役/竹内理恵、木山望役/色摩由維、落合始役/北川伸太郎、ジョリー役/塩見淳史、中川蒼役/狩俣咲子、近藤奈緒役/山形照美、平田治役/三浦宏一、東西町子役/植松恵理、原田あつ子役/水崎蘭、パク・サンチュ役/秋葉大介。

7月

第7回本公演として、『風咲き花』再演。2004年の初演以来、再演を熱望され続け、3年ぶりに待望の再演。(大塚萬劇場・全8ステージ・一部ダブルキャスト)出演は、早川百合役/狩俣咲子・山形照美、宮城一徳役/北川伸太郎、宮城良江役/竹内理恵、宮城大介役/秋葉大介・大野敏之、宮城里子役/色摩由維・木村美穂、真壁耕太役/塩見淳史・野田政虎、真壁多枝役/新藤幸子・入吉玲羽、東風平晴男役/若泉亮、渡久地学役/石井直樹。

2008年

4月

第8回本公演として、『いたいのいたいのトンデゆけ!vol.2 〜ジョリーの休日〜』上演。人気シリーズ第2弾。 今回のメインスポットは、下宿住人オカマのジョリー。 (シアター風姿花伝・全5ステージ)出演は、木山園子役/竹内理恵、木山望役/色摩由維、落合始役/北川伸太郎、ジョリー役/塩見淳史、中川蒼役/狩俣咲子、近藤奈緒役/山形照美、平田治役/三浦宏一、栗田信代役/入吉玲羽、森下茜役/英樹里。

7月

第1回劇団Birthワークショップを開催。(都内稽古スタジオにて・全6回)当初は大人だけの募集だったが、子供の参加希望者も多く、急遽キッズクラスも開講。内容は、ストレッチ・発声・ゲーム・エチュードなど。そして、大人クラスは『冬の陽だまり』から数場面、キッズクラスは『CLOVER』から、犬の「プーとハナ」のエピソードを使用し、最終日に発表会を行った。

12月

第9回本公演として、『オルゴール』上演。15年に渡る男女7人の友情を、深く繊細な描写で紡いだ作品。(中目黒ウッディシアター・全8ステージ・ダブルキャスト)出演は、戸上真希役/色摩由維・狩俣咲子、沢村智美役/竹内理恵・山形照美、倉田一平役/塩見淳史・北川伸太郎、村岡茂役/加藤敦洋・石井直樹、鈴木カンナ役/池田知穂・古川マナ美、清水幸恵役/吉水恭子・関沢明日香、阿部桃子役/富塚万佑子・神路マサ子。

2009年2月

『 WAKU WAKU KIDS MUSICAL 』という、子供達を中心とした団体様からのご依頼を受け、ワークショップに出向。

5月

第10回本公演として、『いたいのいたいのトンデゆけ!vol.3 〜奈緒の秘密〜』上演。人気シリーズ第3弾。今回のメインスポットは、下宿住人弾丸娘の近藤奈緒。(シアター風姿花伝・全5ステージ)出演は、木山園子役/竹内理恵、木山望役/色摩由維、落合始役/北川伸太郎、ジョリー役/塩見淳史、中川蒼役/狩俣咲子、近藤奈緒役/山形照美、平田治役/三浦宏一、近藤美智恵役/古川マナ美、高橋佐助役/石井直樹、内山里佳役/神路マサ子。

10月

第2回劇団Birthワークショップを開催。(都内稽古スタジオにて・全8回)

2010年

5月

第11回本公演として、『太陽が昇る頃』上演。ホテル地下室に閉じ込められた男女8人が織りなす、至極のパニックヒューマンドラマ。今までの作風とはまたひと味違ったテイストで描かれた作品。(シアター風姿花伝・全8ステージ)出演は、♠班→塩見淳史/関沢明日香/池田知穂/狩俣咲子/石井直樹/八重樫円/鈴木恵理/三浦宏一、♦班→北川伸太郎/色摩由維/黒澤尚子/山形照美/瀧田蘭丸/神路マサ子/竹内理恵/若泉亮。

8月

第3回劇団Birthワークショップを開催。(都内稽古スタジオにて・全8回)

12月

第12回本公演として、『いたいのいたいのトンデゆけ!vol.4 〜蒼のクリスマス〜』上演。人気シリーズ第4弾。今回のメインスポットは、下宿住人バツ1キャバ嬢の中川蒼。(シアター風姿花伝・全5ステージ)出演は、木山園子役/竹内理恵、木山望役/色摩由維、落合始役/北川伸太郎、ジョリー役/塩見淳史、中川蒼役/狩俣咲子、近藤奈緒役/山形照美、平田治役/三浦宏一、桜井雪役/小貫乃理子、木山岳人役/石井直樹、森三津子役/関沢明日香。

2011年2月

『WAKU WAKU MUSICAL COMPANY』様よりご依頼を受け、ワークショップに出向。

5月

第4回劇団Birthワークショップを開催。(都内稽古スタジオにて・全8回)

8月

第5回劇団Birthワークショップを開催。(都内稽古スタジオにて・全8回)

10月

『WAKU WAKU MUSICAL COMPANY』様よりご依頼を受け、ワークショップに出向。

2012年4月

【 project hip × 絶倫マリー 】様よりご以来を受け、主宰の大久保慶が、ミュージカル『CHRIST』の作曲/音楽監督を務める。

5〜6月

第13回本公演として、『Let’s ビンボー!』上演。貧乏一家におこった不思議な奇跡・・・愛とビンボーエネルギーに溢れた、ハートフルな一作。(日暮里d-倉庫・全8ステージ)出演は、野々宮班→ 石井直樹/狩俣咲子/竹内理恵/ 神路マサ子/山根正也/池田千恵/黒澤尚子/鈴木恵理/北川伸太郎、小山田班→塩見淳史/小貫乃理子/織田あいか/山形照美/早川祐次/中村ひかり/色摩由維/井坂あかね/三浦宏一。

9月

【 見上げたボーイズ 】様よりご以来を受け、主宰の大久保慶が、ミュージカル『テキサスブロンコをぶっ飛ばせ』の作曲/音楽監督を務める。

11月

【大塚庸介(イッツフォーリーズ】様よりご以来を受け、主宰の大久保慶が、ミュージカル『こころのメモリーたりてますか?』の作曲/音楽監督を務める。

2013年

1月

劇団初のプロデュース公演。脚本・演出/塩見淳史、作曲/大久保慶という初タッグによる『ホタル』を上演。友情・親子の絆を描いた感動作。(ウエストエンドスタジオ・全8ステージ)出演は、本わさび班→田辺千絵美/先沖仁志/石井直樹/山根正也/中村ひかり/三浦友美/三浦宏一、生わさび班→鈴木恵理/中宅間敏彰/早川祐次/角田紘之/英樹里/緒川真生/三浦宏一。

3月

第6回劇団Birthワークショップを開催。(都内稽古スタジオにて・全8回)

7月

第7回劇団Birthワークショップを開催。(都内稽古スタジオにて・全8回)

10月

第14回本公演として、『げつようび』上演。中型スーパーで巻き起こる様々な事件と人間ドラマ。事実と真実の違いを問うた作品。(日暮里d-倉庫・全8ステージ)

出演は、L班→色摩由維/三宅ひとみ/神路マサ子/小貫乃理子/狩俣咲子、R班→山形照美/中村ひかり/黒澤尚子/鈴木恵理/関沢明日香、両班(L&R)→三浦宏一/塩見淳史/ 先沖仁志/ 中宅間敏彰/ 北川伸太郎。

2014年3月

【 Dream Hearts 】様よりご以来を受け、主宰の大久保慶が、ファミリーミュージカル『オズの魔法使い』の作曲/音楽監督を務める。

5月

【 夢団株式会社 】様よりご以来を受け、主宰の大久保慶が、学校公演用ファミリーミュージカル『OZ〜オズの魔法使い〜』の作曲/音楽監督を務める。

8月

第8回劇団Birthワークショップを開催。(都内稽古スタジオにて・全8回)

11月

第9回劇団Birthワークショップを開催。(都内稽古スタジオにて・全8回)

2015年

1月

【 絶倫マリー 】様よりご以来を受け、主宰の大久保慶が、ミュージカル『CHRIST』(再演)の作曲/音楽監督を務める。

5月

第10回劇団Birthワークショップを開催。(都内稽古スタジオにて・全8回)

12月

第11回劇団Birthワークショップを開催。(都内稽古スタジオにて・全8回)

2016年

3月

第12回劇団Birthワークショップを開催。(都内稽古スタジオにて・全8回)

8月

【 夢団株式会社 】様よりご以来を受け、主宰の大久保慶が、ファミリーロックミュージカル『Bugs Dream』の作曲/音楽監督を務める。

7月

【 Dream Hearts 】様よりご以来を受け、主宰の大久保慶が、ファミリーミュージカル『夏の夜の夢』の作曲/音楽監督を務める。

11月

第13回劇団Birthワークショップを開催。(都内稽古スタジオにて・全8回)

2017年

2月

第15回本公演として、musical『オルゴール』上演。2008年に上演された本作を、ミュージカルにリメイク。よりパワフルで、真っ直ぐな作品に。(上野ストアハウス・全8ステージ)出演は、ロンド班→狩俣咲子/神路マサ子/織田あいか/関沢明日香/内田チョビ/塩見淳史/小倉卓、ワルツ班→鈴木莉菜/ひおき彩乃/桑原芽衣/有阪佳子/高橋朋花/杉山慶輔/ジャパ。

5月

第14回劇団Birthワークショップを開催。(都内稽古スタジオにて・全8回)

8月

【 夢団株式会社 】様よりご以来を受け、主宰の大久保慶が、ファミリーミュージカル『Ghost Dream』の作曲/音楽監督を務める。

12月

第15回劇団Birthワークショップを開催。(都内稽古スタジオにて・全8回)

 
Blog Summary Widget